人間に被害を与える

鳥や魚、小さなノミやダニまで色んな生き物が地球上にはいますが、その中には人間にとって良くないものもいます。その代表が、ネズミです。ネズミは、人間にとって身近に感じる生き物ですが、家に棲みつかれると住みにくい家へとどんどん変わってしまうでしょう。

虫や動物の被害から身を守ろう!

ノミ

ノミにも要注意!

ネズミと同じく、人間に被害を与えるのがノミです。ノミに噛まれると痒みに襲われ、アレルギーを起こしてしまうこともあるでしょう。ですから、ノミも見逃さず駆除をすべきです。ネズミが繁殖している家はノミも多いと予想されるので、徹底的に駆除しましょう。

詳しくはこちら

ネズミが心地よいと感じる場所がある

ネズミの体にはノミやダニが寄生しているため、ネズミがいるだけで被害が大きくなります。ですから、まず被害に遭わないためには、棲みつかれない家にするのが一番早いです。ネズミが好きそうな場所にしなければいいので、自宅の状況を思い出しながら確認してみましょう。

ネズミが好む場所

  • 人気がなく暗い場所
  • 隠れるところが多いところ
  • 出入りができる隙間がある場所
  • 餌となるものが多く手に入る
  • 食べ残しや食べかすが常に散らばっている
  • 長年放置され清掃されていないところがある

菌やノミなど寄生虫を持っているからしっかりネズミ駆除をしよう

ねずみ

放置するとどうなるか

ノミやダニを背負っているネズミと聞いただけで、害があることは想像できるでしょう。しかし、実はこれだけではありません。そんなネズミを放置することで、糞があらゆるところに散らばり放置され、そこから悪臭や菌が繁殖します。また、繁殖を繰り返せば個体数も増え、屋根裏や床下はネズミの完全な棲み処となってしまうでしょう。また、留守を狙い部屋へ現れ、電気コードなどを齧る恐れもあり、火災の危険性も高まります。

ネズミ

駆除は業者に頼むのが一番

ネズミがいる可能性がある場合は、早くねずみ駆除を依頼すべきです。駆除をしてくれる専門業者がいますから、問い合わせをして調査をしてもらいましょう。調査で、どのくらいの個体数がいて、被害はどこまで進んでいるのかを把握できます。対処が早ければ早いほど、被害は小さく済むので悩んでいる時間はありませんよ。

ネズミ

実際に行われているネズミ駆除法

ネズミ駆除をするとき、業者は調査をしたうえで適切な方を選択します。その考えられる方法は3つに大きく分けられ、捕獲する方法と追い出す方法、そして毒餌を使った方法です。捕獲する方法は、かごや粘着シートで捕まえるというシンプルな方法が一般的です。しかし、ネズミが通る道を理解していないと意味がないので、作戦をよく練る必要があります。そして、追い出す方法はネズミが嫌うものを使って追い出し、侵入口を閉じるというものです。最後に、毒餌はネズミに食べさせることで駆除をするものなので、知っている人もいるでしょう。そして、どの方法にも言えますが、駆除後は侵入されないようにするのが大事なので、出入り口になるような箇所はしっかり塞ぐことです。